沿革

北越高等学校の歴史と歩み

昭和

10年 新潟市の実業家和田喜一郎及び髙橋林吉氏の間で本校設立の儀起こる。
11年3月 文部大臣より修業年限3ヶ年の乙種商業学校設置の認可。
新潟師範学校の元専攻科教室等の一部を仮校舎と定め、生徒定員300名を以って開校。
11年4月 高橋林吉、校長に就任。(~昭和43年11月)
11年7月 新潟市流作場字小島に新校舎落成。移転完了。
15年8月 文部大臣より修業年限2ヶ年の研究科併置認可。
16年3月 文部大臣より修業年限5ヶ年、生徒定員500名の甲種商業学校併置認可。
17年3月 文部大臣より本校設立者を、財団法人和田徳伝会に名義変更認可。
19年3月 戦時非常措置法により、修業年限4ヶ年の北越工業学校に変更認可。
21年3月 北越工業学校廃止、北越商業学校に復帰認可。
23年4月 学制改革により北越商業高等学校を設置。財団法人和田徳伝会をはなれて学校法人北越商業高等学校設立。
38年45月 新潟市米山地区の現在地に移転。(5月16日)
42年11月 桑原嵯峨雄、校長に就任。(~昭和45年7月)
45年8月 小林誠、校長に就任。(~昭和50年10月)
50年10月 土田正二、校長に就任。(~昭和59年3月)
59年4月 普通科4学級を新設。
学校法人北越高等学校発足。
平出鉄次、校長に就任。(~平成3年3月)
61年10月 創立50周年記念式典挙行。
62年4月 普通科5学級、商業科6学級に変更。

平成

3年4月 普通科6学級、商業科5学級に変更。
丸山哲男、校長に就任。(~平成7年3月)
6年4月 商業科を改組し、情報会計科1学級、国際経済科4学級を新設。
7年4月 本間巖、校長に就任。(~平成15年3月)
8年4月 商業科を情報会計科1学級、国際経済科3学級に変更。
8年10月 創立60周年記念式典挙行。
校舎改築期成同盟会発足。
13年4月 商業系を情報経済科の1学科に統合。
普通科7学級、情報経済科3学級に変更。
15年4月 鈴木厚生、校長に就任。(~平成24年3月)
普通科に普通コース・特進コース・スポーツコースの3コース制を導入。
17年4月 情報経済科募集停止。
18年11月 情報経済科閉科式。
19年5月 新校舎建設工事開始。
20年4月 新校舎教室棟完成。
21年6月 体育館、北越ホール、部室棟完成。
21年12月 グラウンド、テニスコート等完成。
22年5月 創立70周年・校舎改築竣工記念式典挙行。
24年4月 木村宗文、第九代校長に就任。(~平成26年3月)
特進コースを「Int.特進コース」に変更。
海外研修旅行実施(オーストラリア、シンガポール、グアム)
25年8月 「北越会館」建設工事開始。
26年3月 「北越会館」完成。
26年4月 鈴木厚生、第十代校長に就任。(~平成30年3月)
27年8月 全教室に電子黒板設置。
28年4月 総合進学、Int.特進コースの2コース制を導入。
28年10月 創立80周年記念式典挙行。
30年4月 加藤寿一、第十一代校長に就任。
expand_lessPAGE TOP